派遣社員でもアコムマスターカードなら作れる?

買い物をするときにキャッシュレスで便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは作れません。

申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

なぜかというとカードを発行する企業からすると貸したお金が返済されないということを1番避けたいです。

なので申し込みが入ると提供された情報からいくらまで貸せるか、前に返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人が増えてきているのが携帯料金の未払いです。

1回だけなら大丈夫なことも多いですが複数回滞納すると落ちる可能性が高まります。

最近ではクレジットカード払い限定のチケット販売があるので必需品化しているので申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていた他のローンの返済を滞納してしまった、公共料金の支払いをうっかり忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものをしっかり払えていないとクレカを利用した後に引き落とし日に口座にお金が入っていない可能性があると思われてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが理由の場合です。

特に若い人はクレカなどの知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

周りの人にできれば知られたくないことってありますよね。

どういった場合かというとローンを組むことやアコムマスターカードを作ることが多いようです。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話やその際に何を質問されるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に連絡があるのかをネットで調べてみたところ、実際にカードを申し込んだ300人にアンケートを行った結果、300人のうちの約2割の人が電話がかかってきたという結果になっていました。

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低いこともあります。

スピード審査をウリにしているカード会社は低くなっていると考えられます。

最近では、電子チケットの利用が増えるなど様々な場面で利用するクレジットカードですが、申し込みをするのに必要なもの・書類は何があるのでしょうか。

まず、審査時に必ず必要なのは免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社によっては住民基本台帳カードなども本人確認書類として大丈夫な場合もあります。

他に、一部カード会社を除き利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所の3点は必要です。

口座情報などを入力する際に間違えてしまうと入力ミスでも虚偽申請と取られることがあります。

みなさんがクレジットカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入を確認しているのでしょうか。

実は審査の時にチェックしているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の企業の年収の平均を知る方法がないので当然のことですね。

同じ業界、同じ職種で勤続年数が何年くらいだから過去の申し込み者の中からその業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいもらっているだろうというデータがあり、そのデータと比べて変な部分がないかと見ています。

そのため、よほどの乖離がなければ本人が申告した年収でスコアリングが行われます。

違いが大きいと判断された場合は収入証明書の提出が必要になります。

ローンやアコムマスターカードを申し込む際に重要なことって何を思い浮かべますか?年収を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの属性をあげる人もいますね。

では、実際に審査ではどんな影響があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があればいくらまで利用できるかや毎月の返済額がいくらまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業なども正社員なら安定継続した収入が見込める、非正規雇用の場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、ちゃんと期日通りに支払いが行われるかを見ています。

アコムマスターカードをまだ持っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に落ちると考えている人もいるようです。

都市伝説的に言われている非正規雇用ではカードが作れないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うと非正規雇用でも作ることはできます。

では、非正規雇用待遇でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、申込者が年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けなどと設定されています。

参考:派遣社員でも作れるアコムマスターカードとは?【審査在籍確認は?】

最近、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

イベントによってはアコムマスターカード払いのみなど現代では必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、アコムマスターカードを作ろうとした際に審査通らないということがないように重要なポイントを確認しましょう。

審査時に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、信用情報にキズがないかという部分です。

例えば、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると聞くことも多いです。

信用情報については支払い期日があるものをちゃんと払う人なのかを見られています。

家事手伝いと専業主婦、働いていないのでアコムマスターカードを作る際などに大きな違いが出てきます。

職業欄に家事手伝いを記載した場合はほぼどのカード会社でも審査に通らないと考えていいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社次第ですが審査に通ることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在が大きいです。

夫が正社員として継続して安定した収入があれば返済も問題ないだろうと判断できるためです。

カードを作ってもあまり利用しないということもあるためクレジットカードを新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

ローンなどのお金関係の申し込みを行う際に勤続年数を記載する欄が必ずありますよね。

審査でどんな影響をもたらすのかが気になったので調べてみました。

アコムマスターカード申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でもOKです。

審査では今までの返済履歴のように確認する項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまうこともあります。

その場合、古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら嘘の情報がすぐにバレてしまうことになます。